遺品整理

遺品整理の相場と料金

遺品整理の料金は、故人が住んでいた家の広さで決まる場合が多いようです。

 

相場は一般的な1Kであれば5万円程度です。

 

内訳は、作業員2人の作業費3万円+運搬費2万円といった感じです。

 

1DKであれば作業員は2人手も運搬費は6万円ほどになりますし、2DKの場合は作業員も3名に増え、運搬費も8万円ほどになるでしょう。

 

処分したい遺品が少ししかないときには、割高になってしまうこともあります。

 

また、安いところは作業費のみの記載で、別に運搬費がかかるというところもあるそうです。利用の際はきちんと確認が必要です。

 

処分するものにそれぞれ料金が設定されている場合もあります。例えば、タンスはいくら、布団はいくら、といった具合です。

 

見積もりの時点で料金が明確に分かるというメリットがあります。また、処分を頼むものが少ないときにはお得です。

 

ただ、個別の料金の他に作業台などの名目で費用が必要なこともありますから、見積もりのときに確認するとよいでしょう。

 

処分するものを運ぶトラックのサイズ、台数で料金が決定するところもあります。

 

2台目以降に積んだ量が少なくても、1台分として計算されることもありますので、思っていた以上に高くなってしまうことも考えられます。

 

業者選びのポイント


インターネットで遺品整理業者を検索すると、とてもたくさんの結果が出てきます。

 

それだけ現在は遺品整理業者が多いということですが、よい業者もあれば、悪い業者もあるはずです。

 

個人的にはヤマトのらくらく家財宅急便がおすすめで、家具や家電など大型の荷物も運べて料金も安く済みます。しかし対応していない地区もあるかとおもいますので業者を見極めるポイントをお教えしたいと思います。

 

許可業者であるかどうかは必ずチェックしましょう。

 

粗大ゴミなどのゴミを処分できるのは、廃棄物の収集運搬許可を持った許可業者のみが可能です。

 

一般廃棄物収集運搬と産業廃棄物収集運搬の許可が必要となります。

 

また、古物商の許認可がない場合にはリサイクル品の買い取りは行えません。違法に業務を行っていることも考えられます。

 

一般的な遺品整理業者であれば、ホームページには古物商許認可番号が記載されているはずです。

 

見積もり書を出してもらったとき、数字や内容が見やすいか、責任社印があるかを確認してください。

 

他社よりも安価な見積もりを提示し、作業後に料金をプラスして請求するケースが増えています。

 

責任者印があれば、こちらからの苦情も言いやすくなります。

 

遺品整理業者は、存在自体が新しく、長年業務を続けているところは少ないですが、3年以上の実績が安心できる目安になるでしょう。

 

2011年には遺品整理士という認定資格ができました。遺品整理士認定協会の公式サイトには、推薦企業が掲載されています。